裏返しフィルム

ちょいと茶を吹いた製品のお話。

ロモジャパンは腹を切って死ぬべきである件 偽デジタル写真屋日報@はてな(記事後半の方です。)
今回の件を知った記事。

RedScale FilmLomography Japan
問題のブツ。

当店の御客様は、お読みにならないでください。その2 糞袋の日記
プロによる何がどう迷惑かの詳しい説明

一応「一部の現像所で現像出来ない場合もございます。」と赤字で入ってますが、一部で済むのかどうか。
新人オサレ写真人類の方がミニラボや各所の受付カウンターでクレームかましてる風景が目に浮かびます。
自分で現像とプリント出来る人がやれば問題無いんですがねぇ、業界内にはもう指名手配書がまわっているんでしょうか?

で、ついでに色々見たら今のロモLC-A(をどーにかしたらしいモデル)は3万5千円もするんですね~、ビックリ。
昔のオモチャを今製造するのに多少手間があるかも知れませんが(安いところで作ってるでしょうけど)、いくらなんでもこれは高い。
以前元箱付き(&エバレディの未開封電池入り)のCX-1をテキトーな値段で売り払ってしまいましたが、取って置けば良かったですかね?
それにしても宗教っぽい雰囲気は変わらない所ですな…。
[PR]
by hanpenx | 2009-02-03 22:45 | 写真 | Comments(0)


<< 日曜のアキバ プロ機材の中の人がコスイベに >>