GRデジタル発表

e0051626_230569.jpg


されました。
現物写真を見て・・・うーむ、レンズ周りのデザインのせいかボテっとしちゃいましたね。
スペック等色々見てみましたが、自分的な感想を要素ごとに○×を付けてみます。

×見た目→銀塩GRと似てはいますがちょっとボッテリした印象、あまりスマートじゃありません。外付けファインダ・フードを付けた姿はもう見たくありません。
○フィルム換算28mmF2.4相当単焦点レンズ搭載→期待通りのスペックです。
×813万画素の1/1.8型原色フィルタ付CCD搭載→そんなに画素要りませんし、小さい素子なので高感度時の画質が心配です。
○記録形式はJPEGとRAW(しかもDNG)が使えるのは大きいメリットです。
×音声付動画撮影→GRには要らない機能だと思います。
○撮影可能距離約30cm~無限遠・マクロ約1.5cm~→デジならではの仕様ですね、死角がありません。
○マニュアル露出が可能→銀塩GRで欲しかった機能です、嬉しい!!
×光学ファインダー搭載なし(外付けオプションあり)→最悪です、従来のGRユーザーを切り捨てるような行為です。
×2.5型約21万画素液晶モニター→もっと小さいか隠せる物がいいです、GRは液晶見ながらヨロヨロ構えるカメラじゃありません。
?21mmに変換するワイドコンバージョンレンズ→選択肢が増えるのは良い事ですが、画質を見ないとなんとも言えません。
?画質→既に公開されているサンプルを見る限り、いかにもコンパクトデジカメなノイズが気になります。が、なんとか後処理で対応できそうなレベルkぁも?歪みなどは周辺まで結構がんばって補正されているようですね。RAWで現像してみるまでは最終判断が出せません。

とりあえず一言で今の心境を表せば、
「ちょっと拍子抜け」
というところです。
ティーザー広告に似た形式とでも言いましょうか、ブログでの予告が続いたのですがちょっと引っ張りすぎましたね。
その影響でこちらも色々期待しすぎました。

売価予測が8万弱とのことですが、正直10数万まで出すので上記で×をつけたところを改善したものが作れないか、と思ってしまいます。
しかし限られた購買層を相手にするとはいえ、値段・スペックの兼ね合いもこの辺が限度という判断でしょうか。
今ひとつ理解しかねる設定です。
まぁまだ発表したばかりですので、ちょっと頭を冷やして。
しばらくは今後上がってくる各レポートや作例を拝見たり実機を触ったりして購入するか検討しようと思います。




余談ですが、手元にある CONTAX i4R がなかなか思い切りのいい良いカメラに見えて来ました(^^ゞ
終わっちゃったのが残念ですが(T_T)
[PR]
by hanpenx | 2005-09-13 23:04 | 写真 | Comments(0)


<< 新型照明? 夕暮れの決戦 >>