マウントが増えました(・∀・)

e0051626_21361025.jpg

αだよ!!




PIEで唯一まともに使えると思ったライブビューのα350・ブラケット無しで縦横対応(完全じゃないけど)のHVL-F58AM。
これは良いなと思っておりまして。
ここしばらくやっていた、同人雪崩対策の不用品処分で徐々に成果が積みあがってきたので購入してみました。
α300レンズキット+縦グリ+HVL-F58AM+タム17-50mmF2.8+グリップベルトという組み合わせ。
ぬこ&スナップ→本体+キットレンズ(前日タム55-200も追加)+グリップベルト
イベント→本体+縦グリ+F2.8+HVL-F58AM
という感じで考えております。
とりあえず色々弄って見たのですが…

まずダメな点

・おもちゃっぽい
廉価機なので仕方ないですが、かなり「軽いプラスチック」な感触が強いです。
キットレンズは更にデザインが茶筒なのでオモチャっぽさが強調される気がします、また細い溝のローレットはすぐにホコリが溜まります。

・カラーノイズが結構出る
感度を上げていくとすぐに気になるレベルに、等倍鑑賞趣味の方にはボロクソ言われそう。
その分輪郭をキッチリ出す絵作りに見えるのでトレードオフな要素かなとは思いますが。
とりあえずはRAW撮り→後処理で対処です。

・液晶の色が悪い
マゼンタ~赤?が軽く被って見えます。
操作メニューはグレーの背景と白文字で表示されるのですが、なんかニュートラルじゃないような…
なんか液晶自体よりカバーしているガラス?が怪しい感じがします、屋外でもコレが妙に反射したり気になるんですよね。
念のため銀座のソニーに行って他の個体と比較し係の方にも確認して頂きましたが、全く同じ表示なので製品の仕様との答えを貰いました。
WBを細かく弄れるのにその確認表示があまりアテにならないのは残念です。
とりあえず液晶カバーの裏にでもCCフィルタ貼りますか。

・書き込み遅い
これも廉価機なので当たり前ですが、RAW+JPEGですぐ詰まっちゃうのは辛い。
一昔前の機種じゃないんだからもうちょっとがんばって欲しい、JPEGだけなら無限連写なんですがね(^^ゞ

・レンズのラインナップがイヤ
キットレンズはじめ、「タムロンのOEM+コニミノの余りモノ」って感じで欲しくなるレンズが無いです。
Gやツァイスという素晴らしいレンズが揃っているのはわかりますが、300ユーザーが買うもんじゃないし実際高くて買えないw
35mmF2・24mmF2.8やF4通しズームを作り直して頂けないんでしょうかね?

・未だ引き継がれる特殊なホットシュー
汎用ストロボ・水準器や無線や赤外で飛ばすのもそのままではくっつかない、これが結構痛い。
おまけに汎用ストロボアダプタが2万円・通常のホットシュー変換のアダプタが1万3千円。
普通のカメラでは千幾らのアクセサリで実現できる機能が、αでは機能バラ売りで3万幾ら掛かります(α700・900はシンクロターミナルは装備しているようですが)。
ミノルタ時代はもっと安くアダプタを売ってくれていたのにふざけるな、と思っているユーザーは多いのではないでしょうか。
水平についてはライブビューの最中に液晶へ格子線を表示する機能さえ無いようです、サイバーショットも機種によってはあったのですがねぇ。
まぁでもこのシューは専用ストロボの脱着が非常に確実・簡単で扱いやすいです、専用形状ですからそうでなくては困るのですが。



次に良い点

・ライブビューはほんと便利
完全にコンデジと同じ感覚+一眼のスピードで使えます、ピントも問題なし。
パタパタAFやのろのろコントラストAFなんてもうお話になりません、もう他のカメラのはライブビューじゃねぇよ!とうっかり言ってしまいそうw
唯一残念なのは縦位置撮影時の方向に対応してないこと位でしょうか。
これを他社同様の2軸タイプにしちゃうと液晶がレンズ軸上からズレます、「別にそんなのどうでもいいじゃん」と思えますが、いざ使って見るとこれが結構違います。
液晶と被写体を交互に確認する際、目線の軸がブレ無いので楽に素早く行なうことが出来ます、また狙いを付けるにもなにやら直感的にスッと行ける感じがしますね。
今後は光学ファインダーの良さは700・900に任せて、ライブビュー特化のラインで300番台も高機能版を作っても良いんじゃないかと思いますね。
光学ファインダーは完全に性能を割り切る・その代わりライブビューは液晶をもっと綺麗で視野率100%・広視野角・稼動域も広げて縦横両対応で各方向に90度以上曲がれば文句無しです。
専用液晶シェードなんかも欲しいですね、こんな機種が出来たら300の買い替えで絶対買いますよ。
…ってちょっと電池食いそうな仕様ですね(^^ゞ

・クイックシフトバウンスおもすれー
発光部が左右にパタパタと倒せてしまうフラッシュ、HVL-F58AM。
横位置のときは普通・縦位置の時はレンズの斜め上辺りに発光部が来ます、完璧とは言いませんがワンアクションの縦横切替が可能となるわけです。
サンパックのB3000S等縦長タイプが似たような縦横切替が出来ますが、各メーカー純正・TTL対応の機種では無かったと思います、そのような点では今のところオンリーワンですね。
実際パタパタと切り替えて見ましたが縦位置時も重量バランスも良いですね、通常タイプですとヘッドが無駄に横へ長く出っ張る為良くありませんでした。
縦位置グリップ装着+ストラップ縦吊り+フラッシュ縦位置で提げている時もバランスはなかなか。

液晶表示も本体・フラッシュ共に縦に揃って非常に見やすい。
ディフューザーの類は縦位置時にレンズと干渉する物も出てくるようです、発光部を上向きにして使うようなタイプ(ルミクエストのバウンサーなど)なら大丈夫そうですね。
単純にバウンス機能を使うにしても、ヘッドの左右方向・上下(前後)方向を片手・一挙動でセット出来るので便利かと思います。
まーとにかくイベント用装備からブラケットとケーブルが排除出来るのは便利ですな(^_^)v


んー、やはり良い点はこの2つに尽きるかw
もう前述の欠点を全部埋め合て尚余るほどの魅力です。

つーことでイベント・ぬこスナップ用に使って行きたいと思います(・∀・)

e0051626_21364869.jpg
e0051626_2137284.jpg
e0051626_21371521.jpg
e0051626_21372772.jpg
e0051626_21373746.jpg


ほんとはTFTでイベントデビューのはずだったんですが、当日バカやって寝込んでましたから当分先となります…
[PR]
by hanpenx | 2008-12-02 21:41 | 写真 | Comments(3)
Commented by at 2008-12-04 12:21 x
某沖縄の会社からこんなのが出てますよ!
Commented by at 2008-12-04 12:25 x
ソニーα、ミノルタ専用ホットシューアダプター
スパム判定されたので、上の名前をクリックして下さいな。
Commented by hanpenx at 2008-12-04 16:59
情報どうもです、検索したら数度使用したら断線?したなんて話も出てきますねw
もっともこちらとしては水準器が差せればOKですので良いんですが。
なんかクジでも当たったら純正を買いたいですね。

ちなみに、沖縄と言えば駒村が輸入しているリングストロボアダプターまでパチモンの販売を始めたみたいですね。
写真で見る限りライトスフィアのコピーより良い仕事に見えるので気になります(^^ゞ


<< スーパー断食タイム ゆっくりした結果がこれだよ!@... >>