K-7

本家PENTAX
高画質撮影を快適に楽しめるデジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-7」新発売
デジタル一眼レフカメラ専用設計の交換レンズ 「smc PENTAX-DA18-55mmF3.5-5.6AL WR」 「smc PENTAX-DA50-200mmF4-5.6ED WR」

デジカメウォッチ
ペンタックス、“本質にこだわった”一眼レフ「K-7」

安心してIYH出来るスペックと外観、久しぶりに有給をカメラのために使ってしまいそうw

小型化・視野率100%・秒5.2コマ・超音波DR・LV・HD動画・新AFセンサ(名前引きずってるけどwww)と予告どおり詰め込めるもんは皆突っ込みましたね。
他にもボディ内HDR画像生成・デジタル水準器(水平確認・構図調整(LV)・水平調整)・収差補正・単三対応復活と予想外だった要素もあったり。
キットレンズも防滴化するとは思いませんでしたね、この先WR付きレンズが増えるのでしょうか。
残念なのはシンクロが180分の1とか高感度方向の伸びが無い・長秒時NRはあまり変わっていないという事位でしょうか。
価格はボディ単体で13万・レンズキットで14万と値段もかなり安いというか心配な設定です、今回は勝負に出たという事かもしれませんね。



あとは感触を確かめるだけですね~、K10D→K20Dの進化とは明らかに違うはずなので楽しみです。
仕事の進行がちょっとヤバくて土曜UDXのライブ(タタミーが居ないのでもうスーパーライブとは呼べない…)参加が怪しいですが、なんかがんばれそう。
[PR]
by hanpenx | 2009-05-21 09:42 | 写真 | Comments(0)


<< あとはまかせた 坂口トモユキ 写真展 「Ita... >>